宮城・鹽竈神社で安産祈願!時間・料金・服装は?

戌(いぬ)の日とは

犬は一度にたくさん子どもを産むにもかかわらず、比較的安産。

そんな犬にあやかって、妊婦さんと赤ちゃんの無事を願い、安産を祈願する行事です。

妊娠5ヶ月の最初に巡ってくる戌の日に
祈祷を受けた腹帯(さらし帯)を巻くのが正式です。

ただ、体調や仕事の都合で行けないこともありますので、そんなにシビアではなく
妊娠5ヶ月を目処に安産祈願に出かけるのが一般的なようです。

戌の日は12日ごとに巡ってきますが、サイトなどで簡単に調べられます↓

宮城・鹽竈神社の安産祈願に行ってきた!

2017年10月と、2019年10月に、宮城県塩竈市にある 鹽竈(しおがま)神社で安産祈願をしてきました。

受付

予約は要りません
また、戌の日以外でも安産祈願はできます。

毎日午前9時~午後4時半の間、約20分間隔で随時祈祷が行われています。
都合の良い日時に行けばいいのは、体調が不安定な妊婦にもありがたいですね。

鹽竈神社の社殿脇にある、記入台で申込書に記入し、受付で祈祷料(初穂料)を払います。

祈祷料(初穂料)

祈祷料(初穂料)は 5,000円 または 8,000円でした(2019年10月現在)

料金の違いは、腹帯の有無です。

初穂料のお金、のし袋に入れる?入れない?

お金は「何かに包むべき?」と疑問に思い事前にお伺いしたところ、

神社の方
蝶結びの水引のついた袋、また白封筒に入れて持ってきていただければ一番良いのですが、そのままでも構いません

とのこと。

こんな感じみたいです。

わたしは今回、右図のように白封筒にいれてお支払いしました。

受付では係の方が封筒を開けて金額を確認しますので、のし袋や封筒の活躍は一瞬です。

でも、神様へお納めするものですし、のし袋や封筒は100円あれば手に入る物なので、可能であれば包んでお出しするのがベストでしょう。

受付後の祈祷の流れ

受付後は、屋根のある待合所の椅子で少し待ちます。

わたしの時は15分ほど待った頃、放送があり拝殿に呼ばれました。

拝殿は「本宮」と「別宮」があり、放送で指定されます。

私がお参りしたのは、土曜日の戌の日だったせいか、安産祈願だけでも10組近く。

ほかに赤ちゃんを連れたお宮参り、七五三、車の安全祈願など、計15組ほどが一緒にご祈祷しました。

安産祈願の方は、住所(町名くらいまで)・妊婦の名前・出産予定日などが読み上げられます。

祈祷の最後には代表者が一人呼ばれ、前に出て撤下品(祈祷後のお札など)を受け取ります。

最後に撤下品を個別に頂いたら、祈祷は終了です。祈祷時間は約20分でした。

腹帯はどうする?

安産祈願の祈祷料は5,000円・8,000円の2種類。
違いは 腹帯がつくか、つかないかです。

神社から頂けるのは、おそらく昔ながらの さらし型の腹帯。

ズボラなわたしは、きっと巻いてもこの行事一回きりになるだろうと思い、普段使いする腹帯を購入して祈祷に持参しました。

腹帯を持参する場合、祈祷の際に出したり使うことはなく、ずっと自分で持っている形になります。

また、持参しなくてもチェックされるわけでもありません。

他の妊婦さんも、神社の腹帯有り無しはほぼ半々だったので、お好みでよさそう。

ただ、神社の腹帯の有無は、渡されるときの袋が違うので分かりやすいのです(^^;

わたしが持って行ったのは、こんなやつ。

祈祷後に頂いたもの

祈祷が終わると<安産御守セット>がいただけます。

中にはいっていたのはこちら。

  • 鈴緒・・・ 腹帯にそえて下さい
  • 安産神符・・・ 神棚におまつりし、御祈念下さい
  • 安産守・・・ 出産までの間、身近にお持ち下さい
  • 御供米・・・ 産気間近に、他のお米と一緒に炊いてお召し上がり下さい
  • 御塩・・・ 産気間近に塩湯としてお召し上がりになるか、食事にご使用下さい
  • 愛児のおいたち・・・ お子さんのお参りのご案内です

その他

  • 長寿箸・・・出産前に使うといいようです。

祈祷料8,000円の場合は、これに腹帯がつきます。

いただいたお守り、コロンとかわいくて嬉しい(^^)

絵馬も書いたよ

お守りなどを売っている場所で、安産祈願の絵馬(600円)があったので、書いておさめてきました。

元気な赤ちゃんが産まれますように・・・

安産でありますように・・・

安産祈願の服装は?

七五三やお宮参りの方は 子供が着飾っているため、親も正装でしたが、安産祈願の方は自分も含めて、そこまでフォーマルな印象はありませんでした。

わたしは仕事でも着ているワンピースを着ていきましたが、特段浮かなかったはず。

男性についてもスーツまで着なくても、オフィスカジュアルをイメージすれば、まず大丈夫そう。

なお、祈祷の際は靴を脱いで正座となりますので、靴下は必須。

板の間か 畳なので、寒さを感じる季節は足元を中心に温かくした方がいいですね。

塩釜神社の駐車場

塩釜神社をいうと表参道の長い階段が印象的ですが、ここを妊婦さんが登るのは大変!
踏み外しでもしたら大変です。

車やタクシーで行くことが多いと思いますので、第一駐車場(無料)に止め、東参道から入るといいと思います。

それでも、拝殿まではゆっくり10分弱歩きますので、つわりなどがまだ引かない時は決して無理はしないでくださいね。

▶GoogleMap 鹽竈神社第一駐車場

5ヶ月を過ぎてからでも、いつでも安産祈願はできますし、代わりの方のお参りや、遠方なら郵送でのお参りも受け付けているそうです。

頂いた撤下品、自宅にてやったこと

自宅に帰って、頂いた鈴緒を腹帯にはさんでつけてみました。

神符は、神棚(神棚がなければ字の書いてある面を、南か東に向けて)に
おまつりするのがいいそうです。

お米、お塩、お箸は、出産が近くなったころに使おうと思っています。

以上、鹽竈さまでの安産祈願でした。

次は赤ちゃんと一緒に、元気にお宮参りに行けることを願って。。。

2018年夏!鹽竈神社でお宮参りと、近くのお店でお食い初めをしてきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする