コスパ良!! 生ゴミ・おむつの消臭袋はBOSだけじゃなかった

使用済みのおむつ、生ゴミを入れて真夏に数日おいても臭わないBOSの袋。

これ無しでは夏のゴミ箱が大惨事。

開けるたびテロになるので、絶対切らせない一品!と思っています。

でもね、

ぺん
ゴミを捨てるだけなのに、なかなか良いお値段するのがちょっと難点だなぁ
ってほんのり思ってたんです。

PP製のパン袋がすごいって!

そんなとき、インスタ(もっぱら見る専門)で見つけたのが

PP製のパン袋も臭いがもれない!

そして安い!

という情報。

普通のポリ袋はPE(ポリエチレン)製で、臭いの分子が袋を通り抜けてしまうのですが、
PP(ポリプロピレン)製の袋は臭い分子が通らないそうで。

お店で買う袋入りの食品って、未開封なら匂いはしませんよね。
あれってPP製の袋に入っているからみたいです。

PP製パン袋を買ってみた

Amazonで購入したのがこれ。

食パン1斤入るサイズで、スリムに見えるけどマチたっぷり。

 

背の高いボックスティッシュがすっぽり入るサイズです。

100枚入で 300円未満!

ちなみにいつも買っているBOSは200枚入で1,890円(Sサイズ)なので、

コスト3分の1以下!

おむつ2枚いれます!

BOSの袋でもそうしていたように、私はおむつ2個はいれます。

臭いの被害に合わないように、1個入れたら袋止クリップで止めます。

2個目のおむつはクリップしたままイン。

2,3回ねじって(←パン袋でもBOSでも共通のポイント)、ギュッと縛ります。

最後にクリップを外せば、下に入ってるおむつがどんなに臭くても大丈夫(笑)

効果はいかほど?

我が家は、おむつも生ゴミも、その他燃えるゴミも全部キッチンのゴミ箱ひとつ。

3〜4日に1回のゴミの日まで、ゴミ箱の蓋を開ける度に不快を感じなければ合格ですが…

問題ナーシ!!

ぺん
うっそ!パン袋で全然いいじゃん!

正確には、

BOSの消臭効果を100としたら、
PPパン袋は98*くらい。(追記あり)

鼻を近づけてクンクンすると『んー?匂うかも?』と思うくらいです。

もしかすると、PPパン袋の方がBOSより硬いので、縛った部分の密閉具合がBOSより弱くなるからかもしれない、と思っています。もっとギッチリ縛ればいいのかな?

でもでも、本当に問題ないくらい匂いは漏れません。

*追記

しばらく快適に使っていましたが「おや?」と思うことが発生!

おむつについたうんちはトイレに流すと思うのですが、ゆるゆるうんちが続いたときは、おむつからうまく取れません・・・

そこそこ付着したまま、PP袋に入れて2日も経つと、気になる匂い漏れが発生しました。

梅雨の時期で、気温もそこそこあることを考えれば、だいぶ匂わないほうですが、こういうときでもBOSなら無臭なので、やっぱりBOSはすごいんだな、と改めて思い知りました。

PP製のパン袋、採用!

コストパフォーマンス良し!

防臭力もあり!

と素晴らしいパン袋ですが難点も少し。

  • 透明なので中が丸見え
  • 売っている場所が少ない

パン袋なので、クリアすぎるほどクリア(笑)
気になる人は気になると思います。

うちは、自治体指定のゴミ袋に入れるとそんなに見えなくなるので
家から出るゴミなら、まぁいいかな…と。

あと、売っている場所が少ないですね。
食品用のパッケージ資材があるお店や、大きなホームセンターならあるかも。

ネットでは、Amazon発送の商品2,000円以上で注文できる「あわせ買い対象商品」でした。

今回は他の日用品と合わせてAmazonで購入したけど、単体購入するなら楽天もいいかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パン袋 ビニール袋 HEIKO シモジマ PPパン袋(食パン袋) 1斤用(100枚入り)
価格:440円(税込、送料別) (2019/7/6時点)

楽天で購入

メール便の送料がかかってもBOSより安いので、BOS使ってみたいけどお値段が〜と思っている人にはおすすめします!

パン袋、なかなかすごい〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする