ハウスダスト減!作戦その2 タオルケットをパシーマのキルトケットに入れ替え!

我が家で一番ホコリを出していたと思われるのが、綿100%のタオルケット。

某有名寝具メーカーのものでそんなに悪いものでもなかったはずなのですが、
丸5年使ったので、経年劣化ですかね。

干した後にバッサバッサすると、キラキラと舞う粉雪のごとくホコリが舞ってました。

それはそれはもう、無限に。

ハウスダストアレルギーとかも心配だし、
出来ればホコリが出にくいものを・・とリサーチして辿りついたのが

パシーマ キルトケット です。

右の小さいのは、たまたま付いていた、おまけの布巾です。

パシーマのキルトケット

パシーマは、病院で使う脱脂綿とガーゼで出来たケットで、無添加。
赤ちゃんにも使える安全性を謳っています。

大人が使うには十分過ぎる安心感。

ガーゼとガーゼの間に、中綿が挟まっている構造。

ガーゼの目が細かいことと、繊維が長い中綿を使っているので
ホコリがたちにくいそうです。

洗濯するほどに中綿が膨れて、肌触りや吸水性能が上がるのだそう。

サラッとしたガーゼで、夏はさらさら。中綿のおかげで冬は暖かい。

一年中使えるのも、コンパクトライフには欠かせない要素です。

お手入れも簡単

もちろん、家庭用洗濯機で丸洗い可能

1回の洗濯で表面のガーゼがシワッとなり、
3~4回の洗濯で最初よりはクタッっとしてきています。

【左】新品のパシーマ 【右】1回洗濯のパシーマ

意外だったのは

洗濯時は折り畳まずネットに入れずに洗濯機に入れてください。

中綿がしっかり縫い付けられているので、
綿の偏りの心配がないからという理由のようです。

グチャっと丸めてそのまま突っ込んでいいってこと?

ものぐさなわたしには打ってつけですね。

また、乾きも早いです。
天気のいい日なら3時間もあれば乾いていますので、
わりと気軽にお洗濯できます。

洗うと多少縮みが出るので、
干すときは両手で軽く伸ばすことを推奨されています。

パシーマキルトケットのサイズ

パシーマのキルトケットには、数種類のサイズがあります。

しかし、一般的なタオルケットとは、どうもサイズ感が異なる。

パシーマ キルトケット サイズ(cm) 一般的なサイズ
シングル 145×240 140×190
ダブル 180×240 180×200
ジュニア 120×180  
ジュニアプラス 120×207  

通常のタオルケットのシングルって幅140cm×長さ190〜200cm前後ですが、
パシーマのシングルは長さ240cm

縦が長いなぁ。縮むことも見越しているのかなぁ?

でも、夫婦ともに体は小さいほうなので、
縦横ともにジュニアプラスサイズで十分と判断しました。

なお、ジュニアプラスはジュニアサイズに約30cm継ぎ足す形でつくられています。

ジュニアプラスのパシーマを、
エアリーマットレスのシングルに乗せるとこんなサイズ感。
(リラックマの下に、人に見立てた抱き枕1本入ってます)

マットレスが95cm幅で、パシーマが120cm幅なので、ややタイトかな。

真冬はこの上に掛け布団+毛布をかけて寝るので、
いまのところ幅が足りないとかは感じていませんが、
寝返りが多い方や、男性は横幅145cmのシングルサイズがいいかも。

エアリー&パシーマでホコリ激減!

古い煎餅布団をエアリーマットレスに替えた時も、ホコリは確かに減りました。

だけど、綿100%のタオルケットをこのパシーマに変えて
さらに大幅に減ったことを実感しています。

朝、布団を上げて外出、夕方家に帰ってくると
ホコリの層ができているほどだったテレビ周り。

毎日朝晩、ハンディワイパーでホコリを拭っていたんです・・・

でも、エアリーとパシーマ、2種の寝具の入れ替えにより、
2,3日に1回拭う程度でも大丈夫なくらいに!!

本当は、掛け布団の買い替えも検討していましたが
なんか満足してしまったので、買わなくていいかな。

最初にパシーマを敷いたときは

何コレ!?ナンみたい!

と驚いていた主人も、いまは結構気に入っているようで

ナンのくせに(?)寝心地いいよね

と言っています。

我が家にしては結構大きな買い物でしたが、満足度は高く

ぺん
1日6~7時間布団にいるんだから、
やっぱり寝具は多少投資すべきなんだなぁ

という教訓を得ました。

ホコリ対策に、パシーマ、いいよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする